高度経済成長期であったり安定期と呼ばれる時代はそれなりに将来のことがわかりやすかったとされます。

財布からお金の減りだすスピードが早まり、消費低迷傾向に拍車
財布からお金の減りだすスピードが早まり、消費低迷傾向に拍車

将来のことがわかりにくい時代にお金の使い道を考える

高度経済成長期であったり安定期と呼ばれる時代はそれなりに将来のことがわかりやすかったとされます。そのときはまだ高齢化の問題などもなく、現役世代の人が多かった時代です。そのころから将来の高齢化は予測はされていましたが準備は後回しにされていました。実際に高齢化の問題が出てくるようになって年金問題などの議論が行われています。将来年金がどのようになるかは予測がつきません。

年金は毎月一定額を支払っておくと高齢になったときなどに給付が受けられる制度です。高齢になると働きたくても働けない状態になることがあります。そのような場合でも年金があれば生活することができるでしょう。その年金がもらえるかどうか不安といわれているので、自分で年金分のお金を用意することを考える場合があります。

自分で年金を用意する方法として、生命保険会社などが用意する個人年金と呼ばれる商品があります。こちらであれば元本割れをすることなく一定の増額を期待することが出来ます。必ずしも個人年金に頼る必要はなく、生命保険を利用するほう方もあります。養老保険は貯蓄性が高い上に万が一の時には保険金を受けられます。一般の終身保険でも払い込み金額を大幅に超える給付が受けられる場合があります。